Korg(コルグ) / KROSS2-88-Xの事ならフレンズにご相談ください。

ミュージックハウス フレンズだけの1点大特典付き!

  • Korg(コルグ) / KROSS2-88 (ダーク・ブルー) - シンセサイザー・ワークステーション -:1点 ♪詳細♪クリックKorg(コルグ) / KROSS2-88 (ダーク・ブルー) - シンセサイザー・ワークステーション -
  • SC-KROSS2/KROME-88 -KROSS2 88/KROME 88専用ソフト・ケース-:1点 ♪詳細♪クリックSC-KROSS2/KROME-88 -KROSS2 88/KROME 88専用ソフト・ケース-
  • X型シングル キーボードスタンド:1点 ♪詳細♪クリックX型シングル キーボードスタンド
  • ■限定価格■Pro-group(プロ・グループ) / PRH-10 - 密閉型ダイナミックヘッドホン -:1点 ♪詳細♪クリック■限定価格■Pro-group(プロ・グループ) / PRH-10 - 密閉型ダイナミックヘッドホン -
  • PS-3 - ペダル・スイッチ -:1点 ♪詳細♪クリックPS-3 - ペダル・スイッチ -
  • Korg(コルグ) / 鍵盤みがっき! - キーボードクリーナー -:1点 ♪詳細♪クリックKorg(コルグ) / 鍵盤みがっき! - キーボードクリーナー -

Korg(コルグ) / KROSS2-88-Xセット商品一覧

  • 単品単品
  • シンプルセットシンプルセット
  • X型スタンドセットX型スタンドセット
  • イス付きオススメセットイス付きオススメセット
  • 超豪華オプションセット超豪華オプションセット
  • VOXキーボードアンプセットVOXキーボードアンプセット

Korg(コルグ) / KROSS2-88-X
のプチコメント!

Korg(コルグ) / KROSS2-88-Xの特長!
何でもできるモバイルなシンセサイザーのスタンドセット!

Korg(コルグ) / KROSS2-88-Xのココが凄い!
シンセサイザーは、Korg(コルグ) / KROSS2-88
何でもできるモバイルなシンセサイザー・ワークステーション!
コンパクトなワークステーションとして人気を博したKROSSが、待望のモデル・チェンジ!
小型ボディに電池駆動というアイデンティティはそのままに、サウンドと機能を大幅に強化。
また本格的サンプリングが可能なパッド・サンプラーを新搭載し、USBオーディオMIDIインターフェイス機能にも対応。
初心者でも直感的に操作できるユーザー・インターフェイスを実現。

Korg(コルグ) / KROSS2-88-Xのメーカー説明

ソフト・ケースは、Korg(コルグ) / SC-KROSS2/KROME-88 -KROSS2 88/KROME 88専用ソフト・ケース
88鍵のKROSS2 88/KROME 88を気軽に持ち運べるよう設計した 容易に持ち運べる専用ソフト・ケース。
キーボード本体を守るための厚手のクッション・パッドと肩に掛けて運搬できる長めの持ち手とキャスターを装備し、優れた緩衝性と可搬性を実現しました。

■キーボードスタンドは
■Euro Style(ユーロスタイル)X型シングル キーボードスタンド【ESK-321】
高さ調節も折り畳みも簡単なX型タイプのキーボード・スタンド
高さ7段階調整 約98~約33cm
安定感があり50Kgの機材まで対応してくれます。
■外形寸法 / 質量
・高さ
98センチ 開き1段階目
93センチ 2段
85センチ 3段
73センチ 4段
62センチ 5段
47センチ 6段
34センチ 7段
・幅
23センチ 開き1段階目
40センチ 2段
52センチ 3段
66センチ 4段
78センチ 5段
88センチ 6段
95センチ 7段
・質量 約2.7kg

全て新品。ケーブル・消耗品以外メーカー1年保証書付のでご安心してお買いもの頂けます。

【高低自在椅子&ヘッドフォン付属】KAWAI CN37R 【プレミアムローズウッド】【必要なものが全部揃うセット】【河合楽器・カワイ】【電子ピアノ・デジタルピアノ】【2017年NEWモデル!!】【送料無料】【ONLINE STORE】

ブランド品専門の 1大特典付 【X型スタンドセット】 (ダーク・ブルー) KROSS2-88 / Korg(コルグ)-キーボード・シンセサイザー

HR1151 川島織物セルコン シンプリーデコ ピアノオールカバー アイボリー

ブランド品専門の 1大特典付 【X型スタンドセット】 (ダーク・ブルー) KROSS2-88 / Korg(コルグ)-キーボード・シンセサイザー

意外とかかるお金のこと考えませんか? これから迎えるライフイベントのために、この先どれくらいお金が必要か考えてみましょう。